FAONレコーディング in ソウル

投稿日時 2008-6-22 3:08:57 | トピック: event

FAONレコーディング、第一弾です。
演奏者がそこで演奏しているかのような音を出したい。というのがファオンの目標です。

今回はKORGのワンビットデジタルレコーダーMR1を使ってのステレオ録音です。
それぞれの楽器の生音をバランスよく録るために、録音担当のMurakoshi氏が
マイクまでの距離や録音レベルを工夫します。

Trumpet奏者であるWatanabe氏の作品2曲を録音。
TENAMで鳴らしてみると。。。
「いい音ですね!」とギタリストのChoi Woohyuk氏。
「音が生きてますね。ウッドベースやアコースティックギターの生音って、こんな音がするんですね!」と韓国音響のエンジニアの皆さん。

5月のハイエンドショウのデモでもこの音源を使用させていただきました。

     



FAONにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://faon.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://faon.org/article.php?storyid=22