event : 
投稿者: faon_admin 投稿日時: 2008-6-22 3:08:57 (4822 ヒット)

FAONレコーディング、第一弾です。

演奏者がそこで演奏しているかのような音を出したい。というのがファオンの目標です。

今回はKORGのワンビットデジタルレコーダーMR1を使ってのステレオ録音です。
それぞれの楽器の生音をバランスよく録るために、録音担当のMurakoshi氏が
マイクまでの距離や録音レベルを工夫します。

Trumpet奏者であるWatanabe氏の作品2曲を録音。
TENAMで鳴らしてみると。。。
「いい音ですね!」とギタリストのChoi Woohyuk氏。
「音が生きてますね。ウッドベースやアコースティックギターの生音って、こんな音がするんですね!」と韓国音響のエンジニアの皆さん。

5月のハイエンドショウのデモでもこの音源を使用させていただきました。

     

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright © 2007-2016 FAON Corporation

■ ファオンのスピーカー“TENAM”
 【TENAMのラインナップ】
  ・ TENAM basic
  ・ TENAM
  ・ NEW-TENAM
  ・ Enhanced TENAM (ET)

■ 小型デジタルアンプ

  • FAON TODAY (2010-2-28)
  • (2008-10-17)
  • (2008-10-17)
  • (2008-7-19)
  • (2008-7-19)
  • (2008-6-22)
  • (2008-6-21)
  • (2008-5-12)
  • (2008-5-7)
  • (2008-2-29)


1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...